クラウドとオンプレミス

クラウドとオンプレミス クラウドサーバはインターネットを介して行うサービスです。
オンプレミスは自社でサーバを用意してそれだけで完結させるシステムのことです。
最近だと、価格も安く抑えることが出来るクラウドサーバを利用する機会が多いです。
クラウドは一流の大手IT企業がサービスを行っていますから、安心感が違います。
クラウドを通してのサービスやデータを保存することをインターネットで利用出来るのが楽ですし、費用もかかりません。
また、サービスのシステムもオープンソースにして日々、進化しやすい環境になっています。
オンプレミスの場合はサーバから何まで全部自社で用意する必要がありましたし、自社のみで開発することが多かったので、その分費用もかかります。
今から、インターネットでサービスの構築やアプリケーションの開発をする場合はクラウドサーバを使ったシステムの運用が良いかと思います。
そして、移り変わりの激しい世界なので、クラウドサーバ以上のサービスが今後、生まれるかもしれません。

クラウドサーバとオンプレミスの比較について

クラウドサーバとオンプレミスの比較について クラウドコンピューティングはクラウド事業者がインターネット上に構築したクラウドサーバのリソースを端末から利用可能とする仕組みです。
一方、以前までの分散環境におけるクライアントサーバ型構成でコンピューティングリソースを利用することをオンプレミスといい、対比する意味として使用します。
クラウド事業者は自身の管理するデータセンター内に大量の安価なサーバ機を集約してソフトウェアの仮想化技術を使って仮想サーバを作り上げます。
この仮想サーバはクラウドサーバと呼ばれ、利用者の要求内容に応じて、多種多様のスペックやリソースのものが自動的に用意されます。
昔のレンタルサーバやASPと比較し、契約後に直ぐに利用ができて、課金も時間単位で可能です。
また、スペックの増強や縮小、サーバ自体の増減も簡単に変更できます。
オンプレミスは分散環境下に利用者側のクラウドサーバが存在しますので、物理的な距離でメリットと安心感があります。